ニュース

AI搭載衝突予防システム「MINIEYE」先端技術で車の安全運転をサポート! 【ドラレコ機能・スマホ連動対応】

交通事故ゼロへの思いで開発された、あなたの運転サポートする「小さくても心強い目」
AI技術を搭載した衝突予防システム「MINIEYE」が日本上陸!

AI搭載衝突予防システム「MINIEYE(ミニアイ)」

  • 見やすい2.4inchディスプレイ
  • リアルタイム3Dマッピング搭載
  • 前方車両/歩行者衝突警報
  • 前方車間距離/歩行者距離警報
  • 車線逸脱警報
  • 前方車両発進のお知らせ
  • HDドライブレコーダー機能付き
  • スマートフォンで映像確認可能


車両のフロントガラスに取り付けたカメラが、前方の車両・オートバイ・歩行者・自転車・車線を検知。
※画像はAIによる分析のイメージです。

コンパクトカー、SUV、ミニバン、トラックなど、ほとんどの前方車種を認識可能!
また、前方にいる車種によってディスプレイ表示が異なります。
なお、シガーソケットがあるほとんどの車に取り付け可能です。

驚きの性能、リアルタイム3Dマッピング、リアルタイム危険警告可能が実現しました。
検知したものまでの距離と相対速度に基づき計算された【衝突するまでの時間】を計測し、衝突の危険が迫ると未然にアイコン表示と警告音による警報を出します。
衝突防止警報機能だけではなくドライブレコーダー機能も付いています。パソコンで動画確認はもちろん、スマートフォンで本体と接続すると専用アプリですぐ確認することができます。

時速30km以上で走行中、前方の車両を識別し、追突の危険が3秒以内に差し迫った場合に警報を発します。
※どんな条件下でも作動するわけではありませんので安全運転を心がけてください。

走行中に前方車両との車間距離が近い時に警報を発してくれます。煽り運転の厳罰化となった今、不用意に車間距離を詰めるのは大変危険です。
未然に警告を発してくれますので、安心して運転することができます。
こちらの機能は警報を出してくれる距離を本体の認識レベルによって設定を変更することができます。

歩行者検知のお知らせは下記のように2パターンあります。
1.歩行者衝突警報
時速30km以上55km以下の中速域走行時、歩行者を識別し、追突の危険が3秒以内に差し迫った場合に警報を発します。
2.歩行者距離警報
時速10km以上29km以下で比較的低速域走行時、歩行者を識別し、画面に表示してくれます。
※あくまで一例となります。本体の識別レベル設定によると警報する条件が異なります。

時速60km/h以上の走行中にて車線をはみ出た場合に警報を発してくれます。
方向指示器(ウィンカー)を出す、出さないに関わらず警告を発してくれますので、不意な車線逸脱してしまう前にお知らせしてくれます。

停車中、意識を前方に集中していない時、先行車が発進して気が付かずに後続車にクラクションを鳴らされてしまう恥ずかしい思いをされたことがありませんか?
些細なことではありますが、前方車両が発進した場合それを認識してお知らしてくれます。

その他にも急発進や急ブレーキの急カーブといった危険運転時に通知してお知らせしてくれます。

録画できるサイズは1944p(4:3)、1600p(16:10)、1440p(16:9)、1080p(16:9)、720p(16:9)と幅広く選択可能です。本体とスマートフォンをWiFi接続することでアプリから動画を確認することができます。また、動画はトリミングしてスマートフォンへデータ転送をすることも可能です。

夜間モードは日の入りにより自動的に変わってくれます!ディスプレイの光の強さのことで視野に邪魔にならず夜間運転でも安心!

スマートアップデート機能によりファームウェア更新可能です。スマートアップデートを通じて今後製品の機能をより高められる仕様となっております。

■車内接続イメージ

■スペック:
CPU:CV22 4コア A53
カメラ:IMX335センサー/140°広角/F1.8
IMU:6軸
静止画解像度:500万画素
動画解像度:1944p, 1600p, 1440, 1080p, 720p 選択可能
衛星システム:GPS+GLONASS
伝送システム:WiFi
動作環境温度:-20°~70°
メモリーカード:最大128GB対応
バッテリー:300mAh
ディスプレイ:2.4インチ

■FAQ

1.SDカードは付属していますか?
microSDカードは付属しません。別売りの128GBまでのmicroSDカードをご使用ください。

2.取り付けは自分で出来ますか?
ご自身で取り付けが可能です。シガーソケットタイプで商品ページにてご紹介した簡単な方法で本体やディスプレイを正しい位置に付けて、電源ケーブルを隠して綺麗に配線すれば完了です。
あまり自信がない、自分でやるのは大変という方は、ドライブレコーダー設置業者さんに依頼することをおすすめいたします。

3.どんな車に設置できますか?
基本的には12V電源がある車であれば設置可能で、ほとんどの車種でお使いいただけます。

4.24V車でも設置できますか?
AI衝突防止警報器は12V専用のため使用できません。

5.常時監視機能に対応しますか?
OBDソケットに対応しないため常時監視機能がございません。

6.保証期間は?
保証期間は購入日より1年間です。

現在はクラウドファンディングのGREEN FUNDING(グリーンファンディング)にてお求めできます。

AI搭載衝突予防システム「MINIEYE」
【ドラレコ機能・スマホ連動対応】 | GREENFUNDING
AI搭載衝突予防システム「MINIEYE」 【ドラレコ機能・スマホ連動対応】 | GREENFUNDING

様々な車に取り付け可能で周辺の車や歩行者を自動感知。危険を未然に発見しあなたへ警告とサポートをしてくれる次世代型車載装置です。

続きを見る

GREEN FUNDING(グリーンファンディング)とは?

GREEN FUNDINGはCCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイトです。

CCC(TSUTAYA)グループアセットを活用し、資金調達にとどまらないマーケティング支援を行います。 出版(写真集・絵本など)・CD・DVDなどのエンタメ系をはじめ、ガジェット・フード・スポーツ・社会貢献など多数のプロジェクトのサポートをしています。

 

-ニュース
-

© 2020 ロボットプラザ公式サイト