ドローン

ドローンを飛ばすにはどうしたらいいの?規制されている場所や申請方法などについて徹底解説!

近年、なにかと話題になっているドローンですが、どこでも自由に飛ばしていいよいうわけではありません。ドローンを飛ばすにあたり、守らなければならないルールや許可が存在します。

そこで今回は、ドローンを飛ばすにはどうしたらいいのか詳しく解説していきます。無許可でドローンを飛ばしてしまうと、法に触れてしまう恐れがありますので、ここでしっかりと理解を深めておきましょう。

ドローンを飛ばすにはどうしたらいいの?規制されている場所や申請方法などについて徹底解説!

【結論】ドローンを飛ばすには、場所・方法によって手続きが異なる!

ドローンとは、遠隔操作・自動操縦などにより飛行し、写真撮影なども行うことが可能な無人航空機のことを指します。無人航空機の定義は、「飛行機・回転翼航空機・滑空機・飛行船のいずれか」「人が乗ることができない」「遠隔操作または自動操縦で飛行可能」の3つです。

ドローンを飛ばすことで、友人航空機の安全性に影響を及ぼす可能性や、地上の人・建物・車両などに危害が及ぶ可能性などがあるため、ドローン規制が定められており、ドローンを飛ばす場合、事前に手続きを行う必要があります。次の章でドローンの規制について詳しく解説しますので、しっかりと理解を深め、常識とマナーをもって、ドローンを飛ばしましょう。

ドローンに免許や資格はあるのか
ドローンには免許や資格が必要なのか、種類と費用も詳しく解説!

ドローンの利用が拡大に伴い、操縦者、またはそれを運用するスタッフも多く必要になります。ドローンの利用にあたり、免許や資格が必要なのか、またドローンの種類についてもご紹介します。操作テクニックを向上させるためのドローンスクールも紹介します。

続きを見る

ドローンを飛ばすには許可が必要!その場所とは?

ドローンを飛ばす際には許可が必要となります。ドローンの重さによって異なりますので、詳しく解説していきます。

ドローンが200g以上の場合、「地上または水面から150m以上の空域」「人口集中地区の上空」「空港周辺の空域」が航空法で規制されています。そのため、東京航空局・大阪航空局もしくは空港事務所で許可を取りましょう。

ドローンが200g以下の場合は、小型無人機等飛行禁止法が適用されます。国が指定したエリア周辺でドローンを飛ばす際には、許可を得なければなりません。逆に、ドローンを飛ばすことが許可されているエリアでは、自由に飛ばすことができますが、周囲に迷惑をかけないように注意しましょう。

ドローンを飛ばすには?申請方法や流れを紹介

これまで説明したように、航空法によって規制されている項目に該当する場合、国土交通省へ申請手続を行い、許可を得なければなりません。申請先は、「東京航空局」もしくは「大阪航空局」となっています。郵送・持参・国土交通省公式Webサイトから申請できます。

東京航空局住所:東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎
部署:東京航空局保安部運用課 無人航空機審査担当あて
Fax:03−5216−5571
大阪航空局住所:大阪府大阪市中央区大手前4−1−76
部署:大阪合同庁舎4号館大阪航空局保安部運用課 無人航空機審査担当あて
Fax:06−6920−4041
国土交通省
ドローン許可申請Webサイト
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000042.html

では、実際にオンラインで申請する場合の流れを紹介していきます。

申請の手順

  1. 申請者情報を登録し、アカウントを作成
  2. 発行した申請者IDでシステムへログイン
  3. 機体情報を登録
  4. 操縦者情報を登録
  5. 申請内容の情報を入力して申請書を作成
  6. 申請書をオンライン上で提出
  7. 申請審査を待つ(不備がある場合は訂正して再提出)

上記の手順に従い、審査に通ると許可書が発行されます。PDF形式で写しをダウンロードできますが、書面を希望する場合には受け取るための封筒を送付すると、許可書の原本を郵送してもらえます。

国土交通省では、「飛行開始予定日の10日前(土日祝日を除く)まで」に申請を行うようにと推奨しています。しかし、時期によっては1ヶ月ほどかかる場合もありますので、余裕を持って申請すると良いでしょう。

また、空港周辺・150m以上の上空まで飛ばす場合には、ドローンを飛ばす地域を管轄する空港事務所へ申請や連絡が必要です。申請方法・手続きは、それぞれの空港によって異なるため、事前に電話などで確認しておきましょう。

ドローン最大手DJIのおすすめドローン5選、これを買えば間違いない!
【2020年最新】ドローン最大手DJIのおすすめドローン5選、これを買えば間違いない!

シェア7割!数多くのドローンメーカーの中で、おすすめな人気DJI社製ドローンをピックアップ。価格帯や特徴などを比較し、ご自身のニーズに合ったドローン選ぶ。DJIのドローンは販売実績が多数あるので、を購入するのは安心ですね!

続きを見る

許可を取らずにドローンを飛ばした場合どうなるの?

これまでの説明で、ドローンを飛ばすには事前に許可を得なければならないことが理解できたでしょう。では、許可を得ていないのにドローンを飛ばした場合、どうなってしまうのでしょうか?

結論からいうと、航空法などの規制法に違反したとみなされ、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられてしまいます。また、プライバシーへの配慮を怠ると、訴訟などに発展する可能性も考えられますので、十分に注意してドローンを飛ばしましょう。

【まとめ】しっかりルールを守ってドローンを飛ばそう!

ドローンは場所だけではなく、飛ばし方にもルールがあります。

ルール

  • ドローンを飛ばすのは日中
  • ドローンを飛ばすのは目で見える範囲内
  • 人やものから30m以上あける
  • 人が多くない場所で飛ばす
  • 危険物の輸送時には使用しない
  • ものの投下に使用しない

上記のルールをしっかり守って、ドローンを飛ばしましょう!

-ドローン
-, ,

© 2021 ロボットプラザ 公式サイト